諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
【自ら考え、学ぶ授業をつくる】その3
自ら考えるには道具が必要です。

何の道具も持たずに考えろ、と言っても、
それは無茶な注文です。


考える、思考のための道具とは、言葉であり、知識です。


考えるということは、
母国語による、言語活動である、とも言えますし、
持っている知識を活用して、結び付けたり、比較を行なうこと、
であるとも言えるでしょう。


ですから、考えなさい、と言う前に、
知識という道具を与えておかなければならないですし、
母国語で話す、というトレーニングをして、
思考をするための下地を作っておかなければなりません。


では、知識はどのようにして獲得するのか。

最低限の言葉は反復によって獲得することになるでしょう。
そして、そうした言葉をいかに使う機会を作るのか、
ということによって、その定着や解釈の深さが変わってきます。

授業などにおいては、
知識を教えたなら、必ずそうした知識を使うこと、
それは単なるアウトプットだけでなく、
対話の中で使う機会を与える必要があります。


また、母国語で話すということは
とてもシンプルですが、意外と鍛えられていない、
というのが実情です。

まず、きちんと一文で話す習慣のある子が少ないのです。

ロジカルな会話が苦手な子に共通しているのが
「単語で話す」
「相手の背景を考えない」
という傾向にあります。

話をする相手にどのような知識的バックグラウンドがあるのか、
何を伝えれば共通理解を得られるのか、を考えず、
自分視点のみで話をするから伝わらない。

これは、普段の日常会話でもよくある光景で、
友人や学校の話をする際、固有名詞や省略した言葉を
同様に共有していない関係性の相手にも平気で使う、
という場合、やはり、相手にきちんと伝えるために、
筋道を立てて話をする上での前提条件が欠けているという顕著な例です。

そして、
「単語で話す」ということも同様です。


こうした場合、
大人はきちんと
分からない旨、伝える必要がありますし、
説明を求めるようにしなければなりません。

ちょっと考えれば分かる、
分かってあげないと可哀相、というのは
優しさではなく、甘さです。

社会に出て、何を言っているのか分からない、
と言われてしまう子を送り出すことが
本当に生きる力を育てている、と言えるのか、
という長期的な視点に立って考えれば、
敢えて分かってあげないということも本当の優しさであり、
本当の意味で分かり合うための重要なステップと言えるのではないでしょうか。


きちんと話しなさい。
省略せず、一文でしっかり説明しなさい。

と指摘し、きちんと説明させることもまた、
意地悪ではなく、言葉を道具としてしっかり使えるようにし、
ロジカルな思考をするための土台作りとして
とても重要な習慣なのです。


そして、最後に
対話のさまざまなシーンにおいて、
「なぜ?」と問い、それを説明させる癖をつけましょう。

「~が楽しかった」と言うなら、
「お?なんでなんで?どんなところが?」
という具合に普段の会話の中で、
常に、なぜ?を問い、一段会話を掘り下げる癖をつけて
考えることが当たり前、という習慣をつけていきましょう。


そうした習慣が整って初めて、
自ら考える、という行為が定着していくのではないでしょうか。
【自ら考え、学ぶ授業をつくる】その2
自ら考え、学ぶ授業をつくるには、
授業における緻密な計画や、発問の工夫といった、
教師側の準備以前に、どのような学習環境を整えるのか、
という大きな課題が存在します。


そこが抜け落ちていると、
いかに良い発問を投げたところで、
その効果は半減しますし、
何より、特定の生徒しか反応できない授業に
なってしまう可能性が高くなってしまいます。

そして、
子ども達の考えを引き出したい思っても、
「考えたい」
という下地がなければ自発的な思考は生まれないし、

議論や話し合いを生み出そうと思っても、
「自分の意見を言いたい」
「相手の意見を知りたい」
という下地がなければ自発的な話し合いなど実現はできません。


さらに、
そうした「考えたい」「意見を言いたい」「意見を知りたい」という
下地をつくるには、人間関係という土台を構築しなければいけません。


その人間関係という土台をつくるには、
教師というリーダーが、どのようなテーマをつくり、
行動指針を定めるのかが重要になってきます。

その結果、
教室、学級に教師が演出した世界観が形成され、
自ら考え、学ぶ学習環境が成熟していくのです。

ですから、
授業の細かい計画を考える前に、
世界観、人間観を含めた、環境づくりを考えていくことが大切です。



T's skill教師塾2012年4月開講




【自ら考え、学ぶ授業をつくる】その1
自ら考え、学ぶ授業


決して難しい話ではありません。
そして魔法のテクニックも必要ありません。

要は、
生徒が自主的に学習し、
知恵をシェアしながら共に高め合い、
教師がその演出をすれば良い、のです。


ですが、まず、
自主的に学習させるのが難しい、と言われます。

いえ、
「させる」と考えるから余計に難しいのです。

自分で勉強しなさい、
と言われて、「やりたい」になるか、といえば
簡単にわかると思いますが、自主的に学習「させる」という発想から捨てなければいけません。



知恵をシェアする、共に高め合うというのも、
生徒に任せていては不可能、と言われます。
確かに、初期の段階では不可能でしょう。

ですが、
一時期を切り取って考えるのではなく、
それは、生徒の中の「当たり前」をどのように変容させるのか
をきちんと考え、演出するのかで大きく変わっていくものです。


そして、
大切なのは、教師の演出、です。
教師が何をどのように演出するのか、で
学習空間の質は大きく変わります。

教師は知恵をシェアし、高め合うためのメンバーの一員であり、
思考を深め、視野を広げるためのきっかけを生み出す力を持つ存在でもあります。

さらに
生徒が自主的に学習したくなる環境を見守る存在でもあります。


そうした環境を演出するため、
教師は多くの役割を担っていると言えるでしょう。


自ら考え、学ぶ授業を演出することのできる教師を育てるために、
教師塾を開講いたします。


T's skill教師塾2012年4月開講



【教師教育】プロ教師力1「高い専門性」
教師教育を考える際には
学校現場での現状を踏まえなければいけません。

小学校においては
担任が1つのクラスを受け持ち、
専科の時間や一部の科目以外の多くを
担任教諭が担当します。

一方で
中学校以上になると
担任は学級経営を任されますが、
1つのクラスにそれぞれ科目を担当する
教師がつき、組織で運営するようになります。

状況や役割、求められる責任の範囲が異なりますので
それぞれで求められる資質、要素が異なるのは当然です。

さて、
教師は教員免許を必要とし、
これからは免許の更新も必要となる、
専門職である、と言えます。

その意味において
教師に求められる力の1つに
「高い専門性」というキーワードを挙げたいと思います。


[READ MORE...(続きはこちらから)]
【教育論】日本人に合った教育とは8(柳生宗矩の言葉より)
【目に見るるを見と言ひ、心に見るを観と言ふ。】

かの有名な柳生十兵衛の父であり、
江戸幕府の初代大目付となり、
徳川将軍家の剣術師範であった、
柳生宗矩の言葉です。

とても重要な日本らしい価値観です。

[READ MORE...(続きはこちらから)]


プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ