諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
お知らせ
◆ロボットの組み立てを通じて集中力、問題解決力、立体構成力などを養っていきます。
 小学生対象のロボット教室をやっています。
 (ひらがなが読めれば年中さんもOK)※同時に算数パズル教室もやってます。
◆オススメの参考書・問題集はこちら
 諸葛正弥のオススメ問題集コーナー

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

日本人は自己主張が下手か
日本人は自己主張が下手である、とよく言われます。
しかし、本当にそうなんでしょうか。

「英語での」という枕をつけるなら、
確かに下手なのでしょう。
しかし、それは言語の問題です。

実際に留学生が日本人と交流した際の意見として、
英語では、必要最低限の回答しかしてこないが、
日本語でなら、必要以外のプライベートなことまで
積極的に話をしてくれる、という声が多いです。

私たちは自己表現が下手という先入観に必要以上に
とらわれてしまい、自分で自分にそういうレッテルを貼り、
メンタルブロックをかけてはいないでしょうか。


しかしながら、
こういう指摘もあります。
日本人は自分が関わるサークル(輪)の中では
積極的なコミュニケーションを行なうが、
異なるサークルのメンバーとは交流をしようとしない。

要は、自分の属するサークルの枠を破って
異なるコミュニティのメンバーと関わる勇気が持てない
ということなのかも知れません。

または、世代を超えた交流、
立場を超えた交流などは避ける傾向にあるようですし、
日本人が持つ美徳としての謙虚さが、
「自分が話しかけたら迷惑ではないだろうか」
という意識を生み、交流を避けている傾向にある、
ということなのかも知れません。

こういう内向的な行動の傾向も
自己表現が下手、という印象を形成する要因と
なっているのでしょう。

ただ、これは自己主張ではなく
他者との距離感の作り方の問題です。
ですから、自己主張が下手というよりも、
交流できる相手の幅を広げることができれば、
日本人も対等に関われるようになる、と感じています。

交流できる相手の幅を広げるツールが英語であり、
コミュニケーションスキルなのであり、
要は日本人が自己表現が下手、
というよりも、そういった交流するためのスキルセットが
不足しているというだけなのではないかな、と思います。


過ぎたるは猶及ばざるが如し
生徒への面倒見が良いからと言って、
何でも教え過ぎる先生では、生徒が依存し成長しない。

教室の居心地が良過ぎても、
馴れ合いの空間になりやすく、
授業とのケジメがつき難い。

他に、
住まいにおいても
子ども部屋の居心地が良すぎると
個室へ籠り、共有の空間に出てこない。

なども考えられます。
要は、あまりに都合の良過ぎる環境を与えてしまうと、
かえって悪影響を及ぼす可能性が高まる、ということなのかも知れません。

だから、少し居心地を悪くする仕掛けが
あえて必要になってくる、と思っています。
別の言い方をするなら、
一定の緊張感を保つ、とでも言いましょうか。


しかし、
それはそれで、
生活全般がそれに支配されてしまうと、
成長と引き換えに
いつかは神経が擦り減っていくでしょう。

常にバランスを考えることが大切で、
まさに、
過ぎたるは猶及ばざるが如し
ということを頭に入れて環境を整えないといけないのでしょう。

どんなに良いことでも、やり過ぎるのなら、
やり足りないのと同様に良いこととは言えない。

まさにそうならない要にバランスを考えて指導が必要ですね。
教室の価値を高める
私も例外ではなかったのですが、
教室では、生徒が授業の準備をして先生を待たせる
というのが良い、と思ってきました。

そして研修などでも、
授業開始のベルが鳴る前に机上の準備をし、着席して、
教師が来るのを待たせるように話してきました。


しかし、
現実には
なかなか生徒は教室に入らず、教師が注意しても
整然と着席して教師を待つ、という状況にはなり難いものです。

そこにはいくつかの理由があると思います。

■生徒側の授業を受けることに対する優先順位(価値・期待度)の低さ
■授業の準備をして待つことへの理解の低さ
■教師との信頼関係の欠如
■明確なルールの欠如
など・・・

いずれも、後から注意すれば解決できる、
というものではなく、その状況に至る前の段階での話で
その瞬間までにどのような関係を築き、どのような意識の共有を
行なってきたのか、という話に帰結します。

だから、当然、
その場で叱って対応すれば改善する、
などというのは、一過性の対処でしかなく、
継続的な効果など期待できません。

そして何より、
「ならぬものはならぬ」「いいから言うことをきけ」
というのは理不尽だ、不適切だ、という価値観が強くなった現在、

生徒の側に、その行動を起こすことに対して
意義、価値を見出せなければ、どれだけ注意しても
「うるせえな」
という反発を生むだけかも知れません。


そうなると、
授業の前に準備をして待つことの価値、
をお互いに共有できなけば上手く機能しない、
ということになるでしょう。

礼儀やマナーに対しても
合理的でない、権威主義は良くない、
という風潮も強く、教師が偉いなんてオコガマシイと
言われる現在では、教師に礼を尽くす、という話も通じない
というのが現実でしょう。


それを解決するには、
教師と生徒の間に信頼関係を築くしかない、
その信頼を築くためには、やはり授業そのものが
生徒にとって価値があるもの、とならなければならない
という当然の話に突き当たります。

結局、形だけの関係を形成しようとしてもダメで
授業をしっかり行なって、生徒の信頼を勝ち得るからこそ、
教室管理においても生徒との関係がきちんと作れる。

ということです。

指示の出し方、教室への入り方、など
様々、パフォーマンスもありますが、
それらはすべて、生徒からの信頼を得るために
授業をしっかり行なっているからこそ、効果を発揮するもので、
どれだけ指示が的確でも、授業で信頼を損なう先生には
生徒もついてこないものなのです。


さて、そんな当たり前の話を長々と書きましたが、
授業の前の雰囲気づくりにおいて、別の発想もある、
ということで追記をしておきます。

教室は授業を行なう空間で、遊ぶ場でも、雑談の場でもない、
という意識を共有する方法の1つとして、
これまでの考え方と真逆のことをしてみるのも良いかと思います。

教室に生徒を待たせて、そこに教師が入る、
という構図を、生徒の縄張りに先生が侵入するという
イメージでとらえるなら、教師が生徒に求めてもらえなければならない、
という意識も高まるのは当然です。

逆に、休み時間になったら、
全員教室から速やかに退出させ、教室に教師が先に入って
授業のセットアップを行なった後、準備ができたら生徒を迎え入れる。

というようにしたらどうでしょう。
(そのためには廊下にロッカーが必要ですが・・・)


そこは教師が授業のために準備をした空間で、
教師が授業を行なうテリトリーに生徒を迎え入れる、
という構図が出来上がります。

そこは授業のための空間で、
遊ぶ場でも、雑談の場でもない、
という共通の認識も作ることができるのではないでしょうか。
権威的に生徒を管理するというより、
教室は何のための空間なのか、という共通の認識の下で
ケジメをつける、という形になるので、
個人的には、よりスマートな気がします。



何のために教室を使うのか、
という共通の認識を持ち、
教室の価値を高めることによって、
生徒の学習への意識を高めさせる。

イギリスの学校の手法ですが、
これも有効な一手でしょう。


私は日本式の礼を行なうことは嫌いではありません。
お互いに礼を尽くす、という姿は自分への戒めにもなりますし、
気持ちの切り替えにもなります。
ですから、それ自体を否定する訳ではありませんが、
引き出しは多く持って損はありません。

そして、現在の日本では
実行には周囲の理解も必要だとは思いますので
ご参考まで・・・
アクティブラーニングと講義
私は研修などで、
アクティブラーニングと講義はバランスよく行なうことが大切、
と申し上げておりますが、少々、誤解も招くことがあるので
補足をしておきます。


私はアクティブラーニングとは、

 ・生徒を能動的に授業へ参加させること
 ・思考を活性化する学習形態のこと

であって、実は非常に幅広い解釈ができるもの、
と捉えています。

いわゆる講義形式の授業はアクティブラーニングではない、
と仰る方もいるのですが、実は講義形式の授業でも、
生徒との会話のキャッチボールを盛んに行ない、
問いを投げ、考えさせ、積極的な思考を促す環境を作れていれば、
それはそれで、アクティブラーニングに含まれる
と考えています。


ですから、
生徒同士の話し合いがアクティブラーニングで、
教師が講義を行なうのは間違いである、
という論調を見ると、それも極端だな、と感じますし、

逆にアクティブラーニングでは知識は深まらない、
というのも違うんだろうな、と思うのです。


要は講義形式であっても、生徒を能動的にさせ、
自ら考え、行動させるようにする、という授業は可能で、
形式にこだわらず、
生徒を主体的・能動的に授業へ参加させ、
思考を活性化させれば良いと考えれば、
授業の幅もグッと広がるのではないでしょうか。


アクティブラーニングは難しい、と思っている方も、
まずは
「単に黙って聞きなさい、という授業」
からの脱出を試みる、ということから始めてみれば
実は相当にハードルの低い取り組みなのではないか、
と思うのです。


私自身のことですが
10年くらい前に
授業の予習としてマインドマップを描かせてから
授業に参加させる、という手法を行なったことがありました。
たったそれだけで、普通の講義で生徒への発問に対する
反応が変わり、そこからの議論も深まり、
授業の質が変わっていきました。

その習慣ができていくと、
次第に授業では、授業でしかできないことをやろう、
という意識が高まり、単なる知識の暗記のような作業は
家庭で済ませ、授業では原理や他単元へのつながり、活用法に関する
議論を行なう場へと変わっていきました。

それも充分にアクティブな学習空間だったと思います。

ですが、
アクティブラーニング=生徒同士のグループワーク・ペアセッション
というイメージが先行しているので、
講義もアクティブラーニングになり得る、なんて話したら

「何を言っているんだ」

と反発される可能性も高いため、
私は便宜上、
アクティブラーニングと講義はバランスよく、
という話をしています。

その講義も、当然、生徒を能動的にし、
思考を活発にしていく工夫が必要なのは言うまでもありません。


そしてアクティブなら良いのか、と言えばそうではなく、
生徒同士で話し合わせるという形だけで満足し、
形骸化してしまうのは逆効果、と思っています。

ですから、
生徒同士のディスカッションも良いですが、
話し合いをさせて満足、ではなく、

形式的なことに踊らされず、
本質を捉えて、
生徒の積極的な学びを生み出すために、

まずは普通の講義で生徒を積極的に参加させる空間を作る、
という工夫から始めて欲しい、と考えています。

黙って聞け、
静かに黒板を写せ、
という講義からまずは脱出し、
講義でも積極的に考えさせ、
教師がいるからこそできる知識の深化やきっかけを与え、

それらを土台とした上で
グループワーク、ペアセッションなど、より活動的なワークで
より主体的な知識の活用を行なう。

それが本来の姿なのではないか、
と思うので、講義の重要性も訴え続けています。

サンデル教授の白熱教室も講義形式、
そして、TEDのようなプレゼンテーションから学べることも多い。

アクティブラーニングという形式だけに踊らされることなく、
より良い授業をつくるために何をすべきか、
を考えた上で、新しい授業のカタチを模索したいですね。


プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ