諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反応を生み出すために
授業で生徒を巻き込む第一歩は
反応を生み出すことです。

反応を生み出すことができると、
その反応を拾って、次の会話が生まれます。

しかし、
ただ話しかけても、上手くいきません。
恣意的に反応を求めても、
不自然さが増すばかりで、
自然なコミュニケーションが生まれることは
意外と少ないものです。


では、どうするのか。

目線を合わせるタイミング、
生徒を見るタイミングを上手に使うことです。

生徒に言葉を投げかけるとき、
ちょうど反応したくなるタイミングを逃さないことが大切です。


そのタイミングは、
「句読点」です。

自分が話している文章の中で
句読点をつけるタイミングで、
生徒を見て、目線を合わせる。


そうすると、
生徒は自然と自分にメッセージが投げられたと感じる
ことができ、自然に反応をしたくなるものです。

とりあえず、
小さな頷きだけで、「うん」という反応かも知れません。

ですが、
その小さな反応があるだけで、
空気は一変します。

多くの生徒に目線を移し、
その小さな反応を増やしていきましょう。

そして、
その反応を観察し、
次の会話をするきっかけを探す。

すると、
自然と、授業コミュニケーションの歯車が回り始めます。


ぜひ、双方向の授業を目指すなら、
生徒を見るタイミングを上手に
はかっていきましょう。

■目次
 ・1.授業の手法         ・・・授業における様々な課題を取り上げたコラムです
 ・2.ほめる・しかる        ・・・ほめるとき、しかるときに生じる課題を取り上げます
 ・3.生徒とのコミュニケーション・・・コミュニケーション、人間関係構築に関する課題を取り上げます
 ・4.成績の向上         ・・・生徒の成績を向上させる上での課題を取り上げます

■先生方のお悩みを解決します
 ・ 「先生向け個別相談」受付中
 ・ 「先端教育メソッド研究会」にて「教師塾」開催および「会誌」を発行します

   sentan-b1.gif

スポンサーサイト
目を離すタイミング
授業において、
生徒とのコミュニケーションの様子をチェックするとき、
確認するポイントの1つが、

「目を離すタイミング」

です。

生徒とのコミュニケーションにおいて、
目を離すタイミングが早過ぎると、
先生は生徒を見たつもりになっているけれど、
生徒から見れば、見られていないと感じる
というギャップが生まれます。

それだけのこと、と思いますが、
積み重なると、このコミュニケーションは
先生は自分の話したことは伝わっているつもり、
だけど、生徒には全然伝わっていない、
というギャップを生むきっかけになっていきます。

そして、
生徒は自分の反応をきちんと受け止められていない、
という印象を持ち続けていきますので、
次第に先生へのリアクションも希薄になっていきます。

生徒から見て、
きちんと見られている、
と感じられるタイミングまで待って、
生徒の返事を目で受け取ってから、
目線をはずしていきましょう。


その習慣が、最終的には
生徒が、先生にきちんと見られている、
受け止められている、という安心感を生み、
信頼がつくる教室の第一歩となっていくのです。



■目次
 ・1.授業の手法         ・・・授業における様々な課題を取り上げたコラムです
 ・2.ほめる・しかる        ・・・ほめるとき、しかるときに生じる課題を取り上げます
 ・3.生徒とのコミュニケーション・・・コミュニケーション、人間関係構築に関する課題を取り上げます
 ・4.成績の向上         ・・・生徒の成績を向上させる上での課題を取り上げます

■先生方のお悩みを解決します
 ・ 「先生向け個別相談」受付中
 ・ 「先端教育メソッド研究会」にて「教師塾」開催および「会誌」を発行します

   sentan-b1.gif

授業にはユーモアを
授業とは、真剣に行なうものです。
ふざけて行なうものではない。

当然、そうです。

けれど、
真剣に授業をする、ということと、
面白い授業を展開する、ということは
決して相反するものではありません。


真剣に、面白い授業を展開してあげましょう。

生徒と共に学習の内容を通じて、
話題が膨らみ、楽しく盛り上がる・・・
素晴らしいではないですか。


脳の中の記憶を司る「海馬」と呼ばれる部分は、
感情が動いた時に活性化する、と言われています。

短期記憶に入れた情報を
中、長期記憶に移すときも、
この「海馬」が活性化していることが鍵となります。


ですから、
授業内に生徒と楽しく盛り上がる、
という時間は、脳が活性化し、
記憶をより定着させようとする力になっている、
と考えられるのです。


思い出してみて下さい。
昔、教わった先生の、楽しい雑談は、
良く覚えている、という方は多いのではないでしょうか。

そのことを
勉強に応用していく、
ということを考えてみましょう。

たとえ話や具体例、そしてパフォーマンスも駆使し、
勉強の知識でも、そこにユーモアが溢れ、
脳が活性化する授業を目指してみましょう。

自然と活気のある、
やる気に満ちたクラスになることでしょう。


盛り上がり過ぎてコントロールが効かなくなるという
デメリットはありますので、
きちんと、生徒とのコミュニケーションを行なうことのできる
土台を作ってからでないと危険ですが・・・


ですが、私は
勉強に対するネガティブイメージを払拭するためにも、

「授業にはユーモアを」

を推奨したい、と思います。



■目次
 ・1.授業の手法         ・・・授業における様々な課題を取り上げたコラムです
 ・2.ほめる・しかる        ・・・ほめるとき、しかるときに生じる課題を取り上げます
 ・3.生徒とのコミュニケーション・・・コミュニケーション、人間関係構築に関する課題を取り上げます
 ・4.成績の向上         ・・・生徒の成績を向上させる上での課題を取り上げます

■先生方のお悩みを解決します
 ・ 「先生向け個別相談」受付中
 ・ 「先端教育メソッド研究会」にて「教師塾」開催および「会誌」を発行します

   sentan-b1.gif

世界の実践をどう見るか
私はフィンランドメソッド実践ドリルの著者でもありますが、
フィンランドの教育が万能だ、とも思っていなければ、
そもそも、その手法を日本人にそのまま当てはめれば上手くいく
とも思っていません。

むしろ、
そのまま当てはめては失敗する、
と思っています。

当然、社会の背景だけでなく、
経済基盤、教育的な背景も大きく異なるのですから、
考え方や物事の受け止め方、そして対人間同士の
コミュニケーションの習慣も違うからです。

ですから、
他の先生の良い実践だから、とか
海外で使われている手法だから、などと、
その指導案をそのまま使うようなことは止めましょう。

常に
目の前の子ども達のために、
何が必要か、という観点で、
取捨選択しなければならないのです。

けれど、
その意識を忘れなければ、
どれだけ新しい海外の教育を紹介されても、
流されることなく、選択肢を誤ることなく、
世界の実践のよい部分だけを抽出して、
日本の教育にフィットさせていくことができるようになるのです。


■目次
 ・1.授業の手法         ・・・授業における様々な課題を取り上げたコラムです
 ・2.ほめる・しかる        ・・・ほめるとき、しかるときに生じる課題を取り上げます
 ・3.生徒とのコミュニケーション・・・コミュニケーション、人間関係構築に関する課題を取り上げます
 ・4.成績の向上         ・・・生徒の成績を向上させる上での課題を取り上げます

■先生方のお悩みを解決します
 ・ 「先生向け個別相談」受付中
 ・ 「先端教育メソッド研究会」にて「教師塾」開催および「会誌」を発行します

   sentan-b1.gif


大きな声は必要か
パフォーマンスに長けた方の授業は
総じて、声が大きいと感じます。


それは教室全体を巻き込むエネルギーが
そこにはあるからではないでしょうか。

単に授業の内容を教室全体に届ける
というだけなら、そこまで大きな声は必要ありません。

ですが、
実際に授業をしてみると、
生徒が持つエネルギーもすべて取り込んで
巻き込める力がなければ、その流れに飲まれて
しまうことでしょう。


先生が必要なタイミングで
きちんと意志を伝達するには、
そうした流れもすべて飲み込んで教室全体を
自分の空間としてつかむことが必要です。

そこで必要なのが、
発声なのです。

単に大きければ良い、
というのであれば怒鳴れば良いのでしょうが、
実際にはそうではなく、
通る声と力強さとメリハリで
強い印象を与えることが重要なのです。


結果として、
強い印象を与えるために、
実際よりも大きな声に聞こえる、
という現象が起こります。
(ただ、大抵、実際に大きいですが・・・)


しかし、
研修をしていると、
小さな声しか出せない、
または、大きな声しか出せない、
という方もいらっしゃいます。

身体的な要因であるケースを除けば
それは伝えようとする技術と努力が不足している、
と言えるでしょう。

私たちは生身の人間同士が教室という空間に集まり、
言葉という道具を使って、コミュニケーションを通じて
学習という行為を行なっているはずです。

そこに、伝えようとする努力が欠けてしまっていては
それだけ授業の計画を準備をしても
最大限に伝えることはできません。


そんなことをしなくても、
きちんと準備をしていれば、
いずれ伝わるものだ、という意見も聞きますが、
伝える努力を最大限に行なった上でならともかく、
そこを怠った上での話しなら、
それは単なる「やらない理由探し」の言い訳でしかありません。


物事を伝えることに熱意を込めない先生の言葉に
どれだけの説得力があるのか、
という観点で考えても、伝える努力の重要性はわかると思います。


さて・・・
そこで重要なことが、
発声による表現の幅を広げること、です。


大きな声が出せることはもちろん、
小さな声で注目を集めたり、落ち着いた時間を表現したりする、
という具合に、声の表現の幅を広げて、
伝えたい事柄を的確に表現できる技術を身に付けていくことが、
本当の意味で、教室全体を巻き込むインパクトのある発声を可能にする技術の土台になるのです。


授業という行為は
ある意味で演劇と通じます。

教師は役者、教壇はステージと思えば良いでしょう。

通常、舞台で演じる役者は、
当然、表現に関するさまざまなトレーニングをして
舞台に立つ訳です。

同じように言葉と身振りで物事を表現し、
物事を伝える教師は、表現のトレーニングをしないで良いのか。

私はもっと表現を鍛えるトレーニングが
必要だと思っています。

ぜひ、教室全体を巻き込み、
生徒が熱中する授業を実現するために、
表現の力を身に付けていきませんか。

■目次
 ・1.授業の手法         ・・・授業における様々な課題を取り上げたコラムです
 ・2.ほめる・しかる        ・・・ほめるとき、しかるときに生じる課題を取り上げます
 ・3.生徒とのコミュニケーション・・・コミュニケーション、人間関係構築に関する課題を取り上げます
 ・4.成績の向上         ・・・生徒の成績を向上させる上での課題を取り上げます

■先生方のお悩みを解決します
 ・ 「先生向け個別相談」受付中
 ・ 「先端教育メソッド研究会」にて「教師塾」開催および「会誌」を発行します

   sentan-b1.gif




プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。