諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講師との相性
学校の先生と生徒の相性というものがある、
と感じるのと同じように、
塾における講師と生徒の相性、
というものも残念ながら存在します。


受験勉強に必要な知識を
ただ詰め込めば成績が上がり、
かつ、受験勉強を通じて成長があるのなら、
機械にようにその役割を全うするまでです。

しかし、
生身の人間が集まって学ぶ以上、
人間同士の、生き方や価値観が影響し合う空間で
あることも間違いのない事実です。


そこには当然、食い違いも生じます。

その食い違いから目を背けて
実績やシステムの枠にはめても、
大きな成果は期待できません。


では、見極めるにはどうするか。


一番は授業を受けてみる、
というのは当然ですが、
それ以外で言うなら・・・

講師と直接対話することです。
原始的ですが、保護者自身が感じ取れる、
という面では効果的です。

どんな話をするのか。

ここが鍵になりますが、
子どもの至らなかった点を引き合いに出し、
相談してみましょう。

学習面ではなく、
生活面の話題を・・・

生活面・素行面での判断の仕方、
考え方を聞きながら、
自分と価値観を共有できるかどうか、を判断しましょう。

というのも、
子どもの価値観は、どうしても、
保護者の価値観によって形成されるので、
保護者が合う、と感じなければ上手くいく確率が
格段に下がるからです。
(子ども自身の価値観と保護者の価値観は同じではないのですが、
 保護者の教育で育った以上、共有する部分が多いため、
 あくまでも確率論ということで・・・)

学習面については経験もそうですが、
指導の仕方や対処の方法などが講師間で共有されている
ことも多いので、個人の価値観は見え辛いものです。

しかし、生活面は
マニュアルもなく、どう向き合うのか、
という点において講師個人の人柄が出やすいものです。

さらに、
本当に親身になってくれるかどうかも、
そこで見ることができるでしょう。


あくまでも、
指標の一つですが、
試してみてはいかがですか。

■目次
 ・1.子どもの気持ち  ・・・子どもの心理に関するコラムです
 ・2.やらない子の習慣・・・勉強をしない子の傾向から背景を分析します
 ・3.学ぶ習慣づくり  ・・・学ぶ習慣をどのようにつくるのかという課題を取り上げたコラムです
 ・4.塾選び       ・・・塾選びに関するコラムです


■お子様の学習に関するお悩みをお伺いします
  ・ 「保護者向け個別相談」受付中
  ・ 「保護者のスキル」セミナー(現在企画中) 

■学習教室「出師塾」
  ・ 私が運営する学習教室「出師塾」のページです
    ⇒各学年、定員5名の少人数な学習教室です。(小中学生を対象)

スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

どの塾の指導方法が正しいかわからない
(中学受験、高校受験)

今、塾に通っているけれど、
他の塾も探し始めています、という状況で
塾に問い合わせをすると、たいていの場合、
現在の学習方法への問題点を指摘されます。

何しろ、成績が伸び悩んでいるから、塾を探している訳ですから、
何らかの課題があるに違いありません。

しかし・・・
そこが問題で、
実はどんな勉強の方法であれ、
一長一短あるもので、完璧な学習法というものはありません。


例えば、
学問に王道なし、ですので、
地道に繰り返して復習するしかない、と思ってやっているなら、

「それだと、パターンにはまった問題しか解けなくなりますよ」

と言われるでしょう。

要はどういう切り口で見るかで
その評価はどうにでも変わりますし、
どのような学習法にもケチをつけようと思えば、
ケチをつけることができるのです。


塾も商売ですから、
自分のところに生徒が来てくれるようにするために
最も手っ取り早い手段が、現在の塾の指導を否定すること、です。

「うちならそんな指導をしませんよ」と言う事なのです。


ですから、
そうした話に振り回されてしまうと本質を見失います。

指導法は結局のところ、
どの先生も生徒の成績を上げるために、
まずは何をさせようか、を考えて何らかの手を打っていますので、
(そこが担保されていないなら話になりませんが・・・)
しっかりと取り組み続ければ何らかの成果を出せます。

その上がり幅に差異はあることは否めませんが、
最もそうした指導の成果を阻害するのはフラフラと
他にも色んなことに手をつけてしまうことなのです。

結局、信じきることができるかどうか、
で成果も決まるということではないかと思います。


■目次
 ・1.子どもの気持ち  ・・・子どもの心理に関するコラムです
 ・2.やらない子の習慣・・・勉強をしない子の傾向から背景を分析します
 ・3.学ぶ習慣づくり  ・・・学ぶ習慣をどのようにつくるのかという課題を取り上げたコラムです
 ・4.塾選び       ・・・塾選びに関するコラムです


■お子様の学習に関するお悩みをお伺いします
  ・ 「保護者向け個別相談」受付中
  ・ 「保護者のスキル」セミナー(現在企画中) 

■学習教室「出師塾」
  ・ 私が運営する学習教室「出師塾」のページです
    ⇒各学年、定員5名の少人数な学習教室です。(小中学生を対象)



プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。