FC2ブログ
諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強時間は長ければ良いのではない
以前に書いた記事
「【0013】反復学習の力」の中で、

真の技能を身に付けるには約1万時間の練習が必要

という話を取り上げました。

しかし、
そうすると、勉強時間が長いほど良い、
という勘違いが生まれます。

勉強に取り組む時間が長い方が良い、
というのは分かりますが、
机に向かっている時間がいくら長くても効果はありません。

そのときの記事でも書いてありますが、
あくまでも、
「熱心に努力をするか」
という点が重要で、ダラダラと取り組むことは、
その中に含まれていない、と考えた方が良いのです。


音楽やスポーツなどは
ダラダラでも、最終的に自分でやらなければならないものです。
ダラダラに見えても、嫌々に見えても、
何かしら身につくものがありそうです。

しかし勉強は、ダラダラ行い、
できないことを棚上げにし、
散々、親子で揉めた挙句、仕方ないから
教えてあげることで決着させる。
そして、子どもは自分ではやらずに
答えを教えてもらって、
「次はできるように覚えておきなさい」
と注意を受ける時間をやり過ごせば済む。

さあ、このやり取りの中に、
子ども自身が自分で取り組んで、何かを身につける時間が
どれくらいあったでしょうか。

実技系の習い事は、
自分がやることが前提であり、
やらなければ先に進まない。

でも勉強は
自分がやらなくても、
教わるだけで受け身の時間でも
勉強をした気分になる。

その違いはとても大きいです。


本当に勉強をできるようにしたい、
実力を身につけさせたい、と思うのであれば、
「わかる」と「できる」を区別し、
「できる」になるための時間をいかに確保するのか、
という点にこだわるのが良いでしょう。

教えたなら、
必ず自力で解く時間をつくる。

むしろその時間を多く確保して、
教えてもらっても、できるようにならなければ意味がない、
という意識を高めていってはいかがでしょうか。

■目次
 ・1.子どもの気持ち  ・・・子どもの心理に関するコラムです
 ・2.やらない子の習慣・・・勉強をしない子の傾向から背景を分析します
 ・3.学ぶ習慣づくり  ・・・学ぶ習慣をどのようにつくるのかという課題を取り上げたコラムです
 ・4.塾選び       ・・・塾選びに関するコラムです


■お子様の学習に関するお悩みをお伺いします
  ・ 「保護者向け個別相談」受付中
  ・ 「保護者のスキル」セミナー(現在企画中) 

■学習教室「出師塾」
  ・ 私が運営する学習教室「出師塾」のページです
    ⇒各学年、定員5名の少人数な学習教室です。(小中学生を対象)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/576-5c630b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。