FC2ブログ
諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対決姿勢では何も変わらない
物事に変革を起こすには、
対決姿勢では変わりません。

なぜなら、
それは対立を生むだけで、
人をプラスに動かす力にはならないから。


無責任に批判をするだけ、
非難を繰り返すだけ、
でも何も変わらない。

文句を言うことが目的なら、
それで良いのでしょうが、
私は、自らの生き方として、そうありたくはない。

学校に研修に行ったり、
コンサルをする時も、このスタンスは変わりません。
ぬるいと言われるかも知れませんが、
「変えてやる」と偉そうに押し付けて満足するのは自分だけ。
最終的に軋轢を生んで振り回されることで被害者になるのは、
他ならぬ生徒達ですから・・・

だから、
対決しにいく、変えてやる、という偉そうな意識は
捨てなければいけません。

抱えている課題に共に向き合い、
解決する仲間でありたい。





「過去と他人は変えることができない」

これは原則ですが、
「自分が変わることで他者に影響を与えることはできる」

だから、
自分が行動を起こし、
正面から向き合い、共に悩み、
より良くしていこう、変えていこう、
とする流れを作るのが私の仕事だと思っています。


建設的ではない批判や非難をするだけなら、
自分自身はスッキリするかも知れないけれど、
他人は動かない。


変革を起こすために必要なことは、
小さくても起こし続ける、自らの一歩。

そして、
少しずつ仲間を増やして、
現場の方々の力をお借りして、
一人ではできなかった大きな流れを作っていくことで、
変革が起きてくると信じています。


対決姿勢では何も変わらない。

子どもを取り巻く大人が、
本当に必要なことを、真剣に、
そして建設的に考えるチームに
なっていくことができたら理想的ですね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/590-255835c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。