FC2ブログ
諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業スキルでスペインとイタリア最低、トップは日本=OECD調査
ウォール・ストリート・ジャーナル 10月9日(水)10時27分配信

 経済協力開発機構(OECD)加盟24カ国の中で、スペインとイタリアの労働者は最も職業能力が低い。これが両国の競争力向上を妨げ、ユーロ圏の財政危機克服を難しくしそうだ。

 OECDは加盟24カ国を対象に、職業スキルを測るこれまでで最も包括的な調査を実施した。その結果、最も労働者の技能が高いのは日本とフィンランドで、米国と英国では若年層の職業能力が上の年齢層に比べて大幅に低いことが明らかになった。

 スペインとイタリアについての結論は、反省を促すものだ。いずれの国も過去10年間で競争力を失い、貿易赤字と債務が拡大した。貿易収支の黒字化や債務の返済を達成し成長を取り戻すためには、競争力の改善が欠かせない。

 OECDによると、読解力でイタリアは24カ国中最下位、スペインは下から2番目だった。両国では、一般的な教育制度で10歳程度とされる読解力すら持たない成人の割合が5人に1人を超えた。数的思考力ではスペインが最下位で、イタリアが下から2位。成人の3人に1人が最も基礎的な計算能力しか持ち合わせていない。これについては米国もほぼ同水準だった。

 OECD教育局次長のアンドレアス・シュライヒャー氏は「大学卒業資格で比較すれば、スペインは悪くない」としつつ、「だがそれは真実を物語ってはいない。技能の基盤が成長力を抑制するだろう」と述べた。

 イタリアはより大きな課題に直面している。高度な技能を持った労働者が他国に比べて少ないだけでなく、人材が十分に活用されていないのが現状だ。高いスキルを持つ女性に関しては全くと言って良いほど活躍の場が与えられていない。

 イタリアとスペインの昨年の国内総生産(GDP)は縮小した。欧州委員会は今年も両国のマイナス成長が続き、小幅なプラス成長に転じるのは来年になると予想している。

 スペインには若干の明るい材料がある。若年層の技能は年齢の高い層を上回り、読解力の改善度ではトップの韓国に次ぐ好結果となった。

 一方、英国と米国は技能の改善度で最下位に沈んだ。将来的な経済成長が、他国より弱い水準にとどまる可能性を示唆している。

 総合的な職業能力では日本が24カ国の首位に立った。しかし、OECDが「テクノロジーの豊富な環境」と呼ぶ、情報技術(IT)の整った状況下で問題解決能力を応用する機会に恵まれないことから、スキルを存分に活用できていない点も明らかになった。OECDはこの原因として、流動性を欠く日本型雇用を挙げた。日本が労働者の技能を最大限に生かせれば、長く停滞している経済成長を押し上げられるとの見方も示した。

 OECDは2011年8月から12年3月にかけ、成人16万6000人を対象に調査した。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/604-b7e596a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。