FC2ブログ
諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反応を生み出すために
授業で生徒を巻き込む第一歩は
反応を生み出すことです。

反応を生み出すことができると、
その反応を拾って、次の会話が生まれます。

しかし、
ただ話しかけても、上手くいきません。
恣意的に反応を求めても、
不自然さが増すばかりで、
自然なコミュニケーションが生まれることは
意外と少ないものです。


では、どうするのか。

目線を合わせるタイミング、
生徒を見るタイミングを上手に使うことです。

生徒に言葉を投げかけるとき、
ちょうど反応したくなるタイミングを逃さないことが大切です。


そのタイミングは、
「句読点」です。

自分が話している文章の中で
句読点をつけるタイミングで、
生徒を見て、目線を合わせる。


そうすると、
生徒は自然と自分にメッセージが投げられたと感じる
ことができ、自然に反応をしたくなるものです。

とりあえず、
小さな頷きだけで、「うん」という反応かも知れません。

ですが、
その小さな反応があるだけで、
空気は一変します。

多くの生徒に目線を移し、
その小さな反応を増やしていきましょう。

そして、
その反応を観察し、
次の会話をするきっかけを探す。

すると、
自然と、授業コミュニケーションの歯車が回り始めます。


ぜひ、双方向の授業を目指すなら、
生徒を見るタイミングを上手に
はかっていきましょう。

■目次
 ・1.授業の手法         ・・・授業における様々な課題を取り上げたコラムです
 ・2.ほめる・しかる        ・・・ほめるとき、しかるときに生じる課題を取り上げます
 ・3.生徒とのコミュニケーション・・・コミュニケーション、人間関係構築に関する課題を取り上げます
 ・4.成績の向上         ・・・生徒の成績を向上させる上での課題を取り上げます

■先生方のお悩みを解決します
 ・ 「先生向け個別相談」受付中
 ・ 「先端教育メソッド研究会」にて「教師塾」開催および「会誌」を発行します

   sentan-b1.gif

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/607-ccf0b858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。