FC2ブログ
諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<いじめ防止対策>第三者が調査 中立性を確保
毎日新聞 10月11日(金)21時2分配信

 文部科学省の有識者会議は11日、「いじめ防止対策推進法」が策定を求めた国の基本方針をまとめた。「重大ないじめ」が発生した際に教育委員会に設置する調査組織に第三者の参加を求めたほか、教委や学校に重大ないじめの認識がなくても児童生徒や保護者からの訴えがあれば、調査することを明記した。

 基本方針は「重大ないじめ」を、被害者が自殺を図る▽身体や金品に大きな被害を受ける▽1カ月程度の不登校になる--と規定。発生時に調査にあたる教委の調査組織は常設することを促し、公平性と中立性を確保するため、弁護士や精神科医の専門家の参加を盛り込んだ。調査結果は被害者側に「適切に提供する責任がある」とした。教委や学校は今後、国の基本方針に沿い、いじめの予防や対策に取り組む。

 一方、いじめが原因とみられる自殺が発生した際の背景調査のあり方などは、別の有識者会議が検討を続ける。

 いじめ防止対策推進法は大津市の中2男子のいじめ自殺の問題をきっかけに与野党の議員立法で6月に成立、9月28日に施行された。衆参両院の委員会の付帯決議が法の不備を補っており、的確な運用のため、国が基本方針の策定を急いでいた。

 【国の基本方針の骨子】

・地方自治体は国の基本方針を参考に地域基本方針をつくることが望ましい

・学校はいじめの予防と対策の中核になる組織を常設し組織的に取り組む

・教委、学校に重大ないじめの認識がなくても、児童生徒や保護者の訴えがあれば、調査にあたる

・教委、学校はいじめの被害者に必要な情報を適切に提供する責任を有する。個人情報を盾に説明を怠ってはならない

・国は地方の取り組みを検証する「いじめ防止対策協議会(仮称)」を設置する

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/608-0191d2eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。