諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親はどこまで口を出すのが良いか
これは永遠の課題です。

いわゆる反抗期の子どもに対して
干渉しようとすればするほど、
抵抗感を強め、離れていきます。

最終的には一切、勉強に関する情報を
開示しないようにすることでしょう。


けれど、言わなければ、
まるで勉強をしない、サボる・・・

だから、
また、口を出し、喧嘩になる・・・
それの繰り返し。




では、どうするのか。
サボって、ごまかして、困るのは本人です。
結局、子ども自身が本当に困る局面を迎えなければ、
自分で何とかしよう、とはなりません。

口を出されて怒られている内は、
自分ではやらないものです。

そして勝手なことに
言わなければ、言わないで、
なぜ、教えてくれなかったのか、と
逆ギレすることもあるかも知れません。


ですが、本当に気付きを与えるには、
何も言わず、困った事態に直面させましょう。

それには相当な覚悟が必要です。
腹を括って、受験に間に合わなくても仕方がない、
というくらいの覚悟で見守りましょう。



いや、それは困る、
無理だ、自律などできなくても、
自覚なんてしなくても良い、
とにかく勉強させることだけ考えればいい、
ということであれば、
しっかり喧嘩をして下さい。
とても疲れますが、言うべきことをしっかり言い、
その上で、
サッサと図書館でも、塾でも良いので、
他者の目がある場所で、かつ自習のできる環境へ
送り出しましょう。

自宅ではお互いに色々言いたくなるので、
相応しくありません。
親の目は届かない、でも他人の目はある、
という環境が良いのです。

そして、
喧嘩をしているとき、
一言付け加えておいて下さい。

「文句を言われたくないなら、
 自分はこれだけやったんだ、というものを見せなさい」

と・・・

それがないなら、
自習をしてきても、サボっていた、と見なす。
そういうルールを作っておくと、
意外と勉強をするようになるものです。

絶対とは言えませんが、
私の塾に自習しにくる子どもたちにも、
こういうケースの子が毎年いますので、
それなりに効果はあるのではないかな、と思います。



■目次
 ・1.子どもの気持ち  ・・・子どもの心理に関するコラムです
 ・2.やらない子の習慣・・・勉強をしない子の傾向から背景を分析します
 ・3.学ぶ習慣づくり  ・・・学ぶ習慣をどのようにつくるのかという課題を取り上げたコラムです
 ・4.塾選び       ・・・塾選びに関するコラムです


■お子様の学習に関するお悩みをお伺いします
  ・ 「保護者向け個別相談」受付中
  ・ 「保護者のスキル」セミナー(現在企画中) 

■学習教室「出師塾」
  ・ 私が運営する学習教室「出師塾」のページです
    ⇒各学年、定員5名の少人数な学習教室です。(小中学生を対象)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/610-f1618537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。