諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒を見ない先生
意外と、授業のときに生徒を見ない先生が多いものです。

一人で話し、一人で黒板に書き、一人で進行する。

生徒がそこに居ても居なくても、
同じように成立するのではないか、と思うような授業をする方は意外と多いのです。


当然、よほどの話術がなければ
生徒は内職、睡眠、私語、立ち歩きなどが始まっていきます。


けれど、直せない。
荒れていく教室を見て、余計に怖くなり、
さらに関わらないように自分の殻に閉じこもる悪循環を繰り返し、
生徒不在の授業が続く・・・


そういえば私も過去にそんな時期があったな、と振り返りました。

授業を終えてふと、
そういえば全然、生徒を見ていなかったな・・・と自覚したことも。


どこで乗り越えたのか。

それは生徒の成績を上げられず、受験に失敗し、悔し涙を流す生徒の姿を見てから
何かが変わったのかな、と思います。

「何としてもできるようにしてやりたい」

そのためには、生徒と向き合い、
何が出来て、何が出来ないのか、を知らなければ
決して生徒のニーズも分からないし、成績は上げられない。

本気で関わらないと、生徒も本気にならない。

そう思ったからでした。


要は、義務や指導によって、生徒を見て授業をしなさい、
と言われても、当の本人は恐らく、
「そんなことは百も承知」で自覚もあるはずで、
でも、それを本気で改善しないとならない、という目的意識が
それを乗り越えるほどには強くなっていない、ということなのかも知れません。


生徒の人生がかかっている。
少なくとも短いながら大切な1ページに影響を与える存在なのである。
という自覚があれば、そんな無責任な授業はできない、とも言えますが・・・


研修をする立場としては
常に、その部分の大切さは暑苦しいほどに伝えつつ、
先生自身が、どこかで「ハッ」と自覚をするきっかけに出会うまで、
言い続けるしかないのではありますが・・・

生徒を見ない授業は
「誰のために授業をしているのか」
が分かっていない証拠ですから・・・
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/622-29b671b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。