FC2ブログ
諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理念と行事
学校行事は単なる形式的なイベントではなく、
その学校が掲げている教育目標を具現化させるためのもの
と位置づけることができると思います。

ですから
学校改革を行なうのなら、
まず行事から見直す、
というのが私の考えです。

これは何も伝統を壊す、という意味ではなく
現在の行事の意味づけをしっかり再確認し、
何のための行事かを明確にすることで、
教員の意識と生徒に向けた発信を変えていくということです。

すると必然的に
どのように取り組ませるべきか、
ここは変えた方が良いのではないか、
という議論が先生達の中から生まれます。

そうした活動を通じて
どのように生徒を導くか、
という具体的な処方箋を考える癖がつき、
結果的に授業やその他生活指導においても
教育目標や理念と照らし合わせた行動を考え、
実践するようになっていきます。


要は学校の方針について
振り返り、行動として顕在化させるための
きっかけを作るということです。



◆有料メルマガも発行しています。
 実際に行なってきた研修や講演をメルマガで再現!「読んで学ぶ教師塾」 



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/628-c7237954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。