諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICTは使う人次第
ICTを導入すれば教育、学習環境が良くなる。

というのは幻想だと思います。
どんなに優れたツールでも、
その使い方をきちんと考え、習得していなければ、
使いこなすこともできず、効果も生みません。

場合によっては逆効果にもなることでしょう。


言うまでもなく
タブレット、電子黒板、といったものは
あくまでもツールに過ぎず、
使う人によって、そして使い方によって
良くも悪くもなる、というのは当たり前のことです。

そして、
そうした道具を使わなければならない理由は何なのか、
ICTでないとできないことは何で、
それによって、どんな効果を期待できるのか、
そのビジョンがないといけないんだろうな、と感じています。

ただ、そのビジョンを考えるにも、
実際に何ができるのかを体感しないと
何も見えないし、想像の領域を脱することはできません。

だから、
個人的に反転授業に挑戦しようと思い、
ペンタブレットに悪戦苦闘しながらも
動画のコンテンツを製作し、
実践を試みました。

確かに、反転授業は面白い。
授業の幅も広がるし、生徒とのやり取りも深くなる。

だけど、
これは動画じゃないとできないことか?
そして、
生徒が見てくれることが前提であって、
自分で動画を見てくる習慣、環境があってこそ、
という大前提に突き当たりました。

多くの方が、その部分の壁に当たっている気がします。

では、動画を授業中に見せ、
残りの時間をグループワークで・・・

いやまて・・・
それなら、わざわざ動画ではなく、
普通に講義して時間を使うのと何が違うのか。

むしろ、生身の人間を教室に集める価値を見失っていないか。

友達の家に遊びに行って、
そこでそれぞれがDSで別のゲームをしている、
というのと同じくらいに違和感を感じました。



それなら
見たくなるような魅力的なコンテンツを作れば良い。

なるほど、
確かにその通りだと思います。


そうなると、
動画作成に関して、
先生の力が試される、ということかな、
とも思いますし、結局、そこで個人の努力と、
力量の差が生まれます。


要は魅力的なコンテンツがなければ
そして、魅力的なコンテンツを作ろうと努力をしなければ
ICTも宝の持ち腐れであり、効果は期待し辛い
ということなのかな、と思います。

既製のコンテンツも充実しつつありますが、
それをどう使うか、というアイデアも練られて
いなければ、やはり活用できずに終わることでしょう。


そして・・・
私は個人的に、
生徒には事前準備をさせ、
授業では授業でしかできないことを、
という方針で、教科書を読めば済むことは家で済ませる、
その上で授業で議論や課題解決をさせることで
知識ではなく、知恵を学ぶんだ、と指導してきました。

過去の話なので、そこには当然、ICTはなく、
事前学習に関しては
教科書を読み、マインドマップを書かせるなど・・・
アナログな指導でしたが、効果的だったな、と思っています。



ICTを導入することありき、の議論ではなく、
こんな授業を実現したい、というビジョンの先に、
ICTを使う、という選択肢が出てくる、くらいの感覚でありたいな、
と思いますが、いかがでしょうか・・・

私がまだICTの導入について未熟だからなのかも知れませんが、
ICTの導入こそ未来の教育、という風潮にも違和感を感じたので、
拙いながらも雑感を述べさせて頂いた次第です。



7/10 一部修正しました。
この記事に対するコメント

>ICTを導入すれば教育、学習環境が良くなる。
むしろ、そう思っている人の方がすくないのでは。
いいゴルフクラブを持ったら、スコアがアップすると思っている人が少ないようなものと思います。
【2015/07/09 10:11】 URL | 素浪人 #- [ 編集]


素浪人さん、コメントありがとうございました。

確かに、仰られるように、現場の先生方はICTを導入すれば環境が良くなる、なんて単純には思っていらっしゃらないと思います。
しかし、私学の広報的な面から眺めていると、ICTを導入しているという響きに弱い方々が世間には意外と多いものだな、と感じています。
いいゴルフクラブを持ったら、スコアがアップすると思っている人が少ない、それはゴルファーだからそう思えるので、そうではない、教える立場ではない人々には期待感やメディアで見聞きする事例などによって、違う感覚で捉えられているのかも知れないな、と・・・

もっとも、導入の失敗例なども露見しつつあって、
一般的にも意識が変わって来ているのかも知れませんし、
私の個人的な感覚が間違っているのかも知れませんが・・・

そして何よりご指摘有難うございます。
私の表現が至らなかったことは確かです。
申し訳ございません。加筆修正をさせて頂きました。
【2015/07/10 14:50】 URL | moro #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/647-643e2149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。