諸葛正弥の教育論
教育に関する持論や新しい教育のあり方について、教師として、または保護者として、様々な切り口でお話します。(元タイトル:子どもの才能を伸ばす教育を)
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ヒューマンキッズサイエンス東雲教室・ロボット教室へ
■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。(別ウインドウが開きます。)
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
■お問い合わせはこちらからメールにて受け付けております moro@t-skill.com までお気軽にどうぞ
メルマガ登録・解除
購読無料◆勉強ができる子は何が違うのか。どんな習慣を身につければ良いのか、など。「できる子」を育てる秘訣を紹介します。>> サンプルを見る
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人は自己主張が下手か
日本人は自己主張が下手である、とよく言われます。
しかし、本当にそうなんでしょうか。

「英語での」という枕をつけるなら、
確かに下手なのでしょう。
しかし、それは言語の問題です。

実際に留学生が日本人と交流した際の意見として、
英語では、必要最低限の回答しかしてこないが、
日本語でなら、必要以外のプライベートなことまで
積極的に話をしてくれる、という声が多いです。

私たちは自己表現が下手という先入観に必要以上に
とらわれてしまい、自分で自分にそういうレッテルを貼り、
メンタルブロックをかけてはいないでしょうか。


しかしながら、
こういう指摘もあります。
日本人は自分が関わるサークル(輪)の中では
積極的なコミュニケーションを行なうが、
異なるサークルのメンバーとは交流をしようとしない。

要は、自分の属するサークルの枠を破って
異なるコミュニティのメンバーと関わる勇気が持てない
ということなのかも知れません。

または、世代を超えた交流、
立場を超えた交流などは避ける傾向にあるようですし、
日本人が持つ美徳としての謙虚さが、
「自分が話しかけたら迷惑ではないだろうか」
という意識を生み、交流を避けている傾向にある、
ということなのかも知れません。

こういう内向的な行動の傾向も
自己表現が下手、という印象を形成する要因と
なっているのでしょう。

ただ、これは自己主張ではなく
他者との距離感の作り方の問題です。
ですから、自己主張が下手というよりも、
交流できる相手の幅を広げることができれば、
日本人も対等に関われるようになる、と感じています。

交流できる相手の幅を広げるツールが英語であり、
コミュニケーションスキルなのであり、
要は日本人が自己表現が下手、
というよりも、そういった交流するためのスキルセットが
不足しているというだけなのではないかな、と思います。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tskill.blog8.fc2.com/tb.php/655-e9e5c6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

moro(諸葛正弥)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

■江東区・東雲にロボット教室・新規開校!ヒューマンキッズサイエンス東雲教室 ホームページ(※管理人が運営する新しい教室です。)
■教育ブログをお探しの場合はこちらを参考にして下さい。
        にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。